ももいあきらのつれづれにっき

世に語り伝ふる事まことはあいなきにや、多くは皆虚言也 妄想・暴走何でもアリ

待てば海路の日和はあるんだなぁと思った日 弾き語りばったり#30新潟公演

私のライフワークとなっております木村和さんの「弾き語りばったり#30」に行ってまいりました。

「木村和って誰や?」

と思った方はその謎を抱えたままお読みください。分かってくださるハイソサエティな方は

「うん ウン。」

と心の中でうなずいて読んでください

 

この公演は2005年から始まり素数展開という不思議なナンバリングで

弾き語りばったり#2・#3・#5・#7・#11・#13・#17・#19・#23・#29

と続き、昨年は

弾き語りばったり#31

を行うはずがコロナの影響で全公演中止となり、

今年になり

弾き語りばったり#30(これは初の非素数。昨年全公演中止になったので1つ前に戻ったって意味だったかな????)

を行っています

f:id:momoiakira:20210223232411j:plain

 

私は多分相当熱心なファンではなく(と思う だってグッズも欲しいと思ったものしか買わないし、CDは全部持っているけどDVDとかは全部は持っていないし)

ただ、彼の歌に感銘を受け、自分のここまでの人生に色々とインスパイアされる部分があり、#2~#30まで全公演参加しているという、ある意味でマニアかもしれない。

 

 

始めのmcで

今日の会場となる

「音楽文化会館」をタクシー運転手が勘違いしてて「芸術文化会館」に連れて行かれ、(未遂で終わったけど一悶着あった)

という話をしていたのですが、

私もまんま同じ間違いをして(私の場合、完全に「芸術文化会館」が公演会場と思っていて、扉を開けたら誰もいなくて3分くらい呆然と立ちすくんだという結果ですが)、妙なエンパシーを感じた私でした。

 

にしても、アウェイな土地には弱い・・・

 

そして、この公演は常に「ピンクカードタイム」というコーナーがあり、みんなが始まる前にピンクのカードに(今回は接触を避けるためにデジタル版でした)木村さんへの質問や意見を書いて、それを本番中に選りすぐり、心に留まったネタを選んでそれを書いた人とお話するわけですが、私は件の『会場を間違えて騙された感満載で正しい会場に何とか辿り着いた』ハナシを書いたのですが、それを選んでくれたので、それは嬉しかったです。(とここだけ素直なファンに戻ったりして)

 

このピンクカード、木村さんに読んでもらえたのは実は2回目で、こういう時は、

「あぁ、今まで長い間、作文書いてて良かった・・・」と素直に思える。

 

このコロナ禍で昨年は音楽も演劇も、絵画も芸術関係は人前で発表できないという大きな影響を受けました。

オンラインでのライブ配信は何度か参加したけれど、それでも本物の臨場感にはかなわない。直接会う喜び、話せる幸せ、本物に触れる大切さ、そういうことを忘れてしまったら人間らしさが本当になくなってしまうんじゃないかなぁ

画面越しだと私は濡れない感じない。もっともっと肌で感じさせてイカせて頂戴 アハハン

 

と思って、新幹線に飛び乗り帰路についた夜でした

 

 

 

 

 

 

 

 

「老い易く学なり難く」なる前に勉強はしておいた方が良いんじゃないのかい?

2月も10日が過ぎようとして、そろそろお受験組も白と黒がはっきりしてきた時期かと思われます。無事合格された受験生の皆様おめでとうございます。

 

我が家にも今年の春に「児童」から「生徒」に属性が変わる愚女がおりますが、

私の住んでいる地域(東京の北の方)は中学お受験に対する意識がなかなかに高い地域でして、クラスの3分の2がお受験組でありました。

 

ヤツの仲良しグループのお友達もまた、殆どがお受験組でみんなが桜を咲かせたとの事です。お友達が高学年にあがる頃(早い子なんかは小3の春休みくらい)から、みんながそれぞれに志望校を決めだして、学校の宿題以外にも通信教育とか、塾にも通いだして、放課後とか休みの日に外で遊ぶ機会は学年が上がる毎にガクンと減って、今年(今年度のこと)はコロナの影響で学年もも進級した途端に長い期間で休みになっちゃって、

そんな中でも頑張って勉強をして、ちゃんと結果を出したクラスメイト達は偉いなぁと感心します。

 

我が家は、お受験なんてこれっぽっちも考えておらずにのほほんと地元の公立の学校に進学いたします。だから春からみんなお別れですね。

まぁいいんじゃないの。みんなそれぞれが決めた道を進めばいいんじゃないかい?

f:id:momoiakira:20210209214226j:plain

 ウチには受験をさせる経済的余裕なんかないし、万一受験をして合格したたところで、授業料を払う余裕もなく(嗚呼貧乏万歳)、娘もムスメで受験をする意味や意義が見出せていないし、

私が「この学校がいいからここに行きなさい!」と強要するのも何かが違うし、子どものうちは勉強よりも大事な経験ってたくさんあるんじゃないのかい。

と、無茶苦茶なエクスキューズを常に胸に抱えてもうすぐ卒業です。

 

 

でもね、

私よりもやや年上なので既にオバサンの年齢でありながらも今もなお美しい或るお方は

”勉強はしないよりはした方が良いと

後になって気づいたって遅い”(→けれど、自分が学びたいと思ったときに学んだ方が実にはなる気もしている)

と歌っております。

かくいう私、自分自身(オイラのこと)が大学には行っておらず(受験すらしていない)、高校も普通科ではないし、高校卒業後は一応専門学校に通ったけど、その道には進んでいないし、そのまま超氷河期世代として、『負け組』とか言われて、定職にも就かず、後ろ指さされ(ていたような気がするが、まぁ妄想だろう)るような人生を歩んできた人間でして、それがコンプレックスとなり、そのコンプレックスを延々と抱え続け今日まで生き続けております。

結局、このようにインターネット上で声にならない声を文字にして細々と発信するようなオナニー行為をしつつ、それでも不完全燃焼な毎日で、

「やっぱり大学に行っときゃよかった」

と今もなお後悔をし続けて、

結局、大学卒の資格が欲しいが為、50歳を前に今更通信制大学に入学し、現在主婦業と仕事(契約社員だけど)と大学生の3つのわらじを履いています(現在進行形)

結論、やっぱり学びは大事です。

 

 

 

綴れよさらば開かれん

 


数少ない読者のみなさま、お久しぶりです。

 

この「つれづれにっき」も開設してから15年以上が経過しているわけですが、地味―――に15年間ず―――――と書き綴っているわけではなく、本当に気が向いた時だけダラダラとテキトーな事を書いて、それがこういったwww((笑)(笑)(笑)ではない)の波に乗っかって、時々気まぐれにこの世の中の不特定多数の人が、私の吐いた毒に当たってくださったわけです。感謝しております。

だけど2020年末を持ち、過去の日記は一度お掃除をさせて頂きました。(一応金払ってアナログ本にしといた)

 

ここ数年で急激に歳を取ったたせいでしょうか、WEB上での発言とやら怖くなってしまいまして、最近はアナログで紙に鉛筆(時々ボールペン)で日記を書いています

という事で、今は知る人ぞ知る「10年日記」という日記帳に2014年から10年日記に毎日のどーでもいーことを書き綴っていたりするのですが、今年が2021年だからこの日記を埋めるまでにはあと2年かかるんですね。裏を返せば8年間同じ日記帳で書き続けるその精神も尋常ではない気もしますが、アナログにしろ、デジタルにしろ、何処かしら何かしらの言葉は発していたいものです。

f:id:momoiakira:20210129140722j:plain

なぜかって、だって思ったことを口に出せないからこうやって文字にするしか手段がないのは子供のころから進歩せず。更年期を前にしてもなお、このようにだらだらと書き綴ることを続けないと精神状態が保たれないから・・・・・

 

f:id:momoiakira:20210129144328j:plain

さて、最近のワタクシ、2年かけて色彩検定の1級に合格しました。

「ナゼ、色彩?」になってしまうんですが、まあいいじゃないですか。

いつまでも色付きのオンナで ってことで。

 

f:id:momoiakira:20210129135922j:plain

 

世のデジタル化が進もうと私はこのまま作文家でいたいなぁと

2021年は少しでもこの「つれづれにっき」が埋められるように頑張ろうと思います

 

綴れよさらば開かれん