ももいあきらのつれづれにっき

世に語り伝ふる事まことはあいなきにや、多くは皆虚言也 妄想・暴走何でもアリ

新作小説

今日は長女 姫 の年に一度のお泊り会です。

ハイ、どーぞ、どーぞ 行ってらっしゃい。

そのまま3日くらいは帰ってこなくていいぞ。その方が家が静かだからね。

次女 小姫 は,

ねーちゃんがいないもんだからおもちゃ使い放題テレビ見放題ipad使い放題で天国のようです。

だけど遊び疲れて夜9時過ぎにコテっと寝ました

 

さ、こんな夜はお母さんは執筆中の新作小説を書き上げなくては

 

ということで本日久しぶりに小説アップしました。

前回の眼鏡女子の話とは少し違う男女間の友情の話です。

 いつもなら5日もあれば書きあがるんだけど今回は2か月くらい時間がかかった。

だからと言って力作なのかどうなのかは。。。。フゥ

テーマは 男と女に友情は成立するのか みたいなところですかね。

私は××××××(注:秘密)と思っています。

とりあえず、気が向いたら目を通してください。

星空文庫にアップ中です↓

 

『青と赤と白で語る友情なのかどうなのかわからない話』 桃井章 作

http://slib.net/33053